• ホーム
  • 技術の窓
  • PMTC
  • FAQ よくある質問
  • お問い合わせ
  • 広告掲載について
  • 広告掲載企業ログイン

明日の地球のために最適な材料選びを

 MatGuideは、材料の選定・調達から点検・保守に至る材料のライフサイクル全般をサポートするための技術情報を提供します。

 MatGuideは、大きく分けて3つの機能を有しています。

 ・技術の窓(無料)
 ・PMTC(有料、特別会員のみに公開)
 ・Total Materia の紹介

"技術の窓"について

 “技術の窓”は、MatGuide が提供する技術解説集です。現在、下記の技術解説をご覧いただくことができます。


 ・鉄鋼材料の実務知識(無料)

 ・損傷機構一覧表(無料)


 また、Total Materia が提供している技術解説もご覧いただくことができます。

"PMTC"について

 PMTC は、プラントのメンテナンス技術を提供するため、一般財団法人 国際石油交流センター(JCCP)のサポートの下で、日本高圧力技術協会(HPI)と株式会社ベストマテリア(BM)が開発、運用しています。

 損傷機構解説集、損傷事例データベース、新技術紹介、コンサルティング(お問い合わせ)のページから構成されていますが、現在は特別会員のみに公開しています。(現在、特別会員の登録は受け付けていません。)
 なお、損傷機構解説集及び損傷事例データベースは、株式会社ベストマテリアが販売している下記のものと内容的には同じです。


 ・損傷機構解説集(CD版、有料)

 ・プラント材料損傷事例集(CD版、有料)

"Total Materia"について

 Total Materia は、50ヵ国以上の国々及び地域の400万件以上の鉄鋼、鉄、アルミニウム、銅、チタニウム、マグネシウム、錫、亜鉛、鉛、ニッケル、その他の金属材料の化学成分、機械的性質、材料特性データ、さらに、ポリマー、セラミクス、複合材料等の特性データを保有する世界最大級の材料データベースです

さらに詳しくみる

MatGuide と Total Materia の連携

 Total Materia の金属材料データベースと MatGuide が提供している技術解説集(技術の窓:鉄鋼材料の実務知識、損傷機構一覧表、損傷機構解説集、プラ ント材料損傷事例集等)とを連携させることにより、研究開発、装置・構造物の設計、材料の選定・調達・加工・使用、装置・構造物の検査・保守等における 様々な問題を解決することができます。さらに、Total Materia and/or MatGuide だけでは解決できない問題に対しては、(株)ベストマテリアの技術コンサルタントが懇切・丁寧なサポートを行います。


  • ログイン
  • 新規ユーザー登録
  • 無料体験

ニュース&トピックス

  • [2016.11.19]セミナー「機械・構造物の経年劣化とその対策および余寿命評価」のお知らせ 

    【タイトル】
    機械・構造物の経年劣化とその対策および余寿命評価
    〜 金属材料の選定と調達トラブル防止、経年劣化による事故防止を考慮した構造設計・組立の考え方、寿命予測 〜

    【講師の言葉】
     国際競争の激化によるすべての製造業におけるコストダウン、生産活動のグローバル化(海外生産など)が進んでいる。一方、設備、機器は長期の安全な運転が求められ、設計、製造、運転および保全における一貫したトラブル対策が必要である。これらのトラブルは、構造物を構成する材料に関わるものが多く、材料に関する知見が、各プロセスにおいて正しく反映されることが重要である。
     構造物の主構成材料である金属材料では、長い歴史の中で構造物の破損原因となる材料の損傷機構はほとんど解明され、予知予防技術も進歩してきた。
     本講義は、蓄積された構造材料に関する知見、経験および研究成果への理解を深め、新しい問題に適切に対処するのに必要な各種手法を習得してもらうことを目的としている。

    【セミナー詳細】
    開催日時  2016年12月13日(火) 10:30 ~ 17:30

    開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室

    受講対象者
    ・機械・構造物の設計、加工組立、検査、保全などに携わる技術者の方
    ・機械、機器、設備における生産技術、金属材料調達に携わる方

    修得知識
    ・機器・構造物に懸念される経年劣化機構(疲労、腐食、クリープ、摩耗、エロージョン、材質劣化)
    ・経年劣化による機器・構造物の寿命の予測
    ・経年劣化による事故防止を考慮した設計、組立の考え方
    ・金属材料の海外調達の問題点、対処方法
    ・各種材料データベース

    【詳細及び申込方法】
    セミナー詳細及びお申込みは下記URLのページをご覧下さい。
     URL:http://www.j-techno.co.jp/seminar/ID57ISDI1L5/

  • [2016.11.19]セミナー「金属材料の劣化原因と対策・寿命予測方法」のご案内 

    セミナー「金属材料の劣化原因と対策・寿命予測方法」のご案内

     下記により上記セミナーが開催されます。多数の皆様のご参加をお願い申し上げます。

    【講 師】 (株)ベストマテリア 代表取締役 木原 重光 先生
    【日 時】 2016年3月18日金曜日 10:30-16:30
    【会 場】 [東京・大井町]きゅりあん
    【受講料】 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
          *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
    【概 要】
     設備・機器の安全運転に欠かせない保全の基礎知識として、材料の全ての損傷機構を網羅し、事例を
    含めて解説する。多数の損傷機構の中から、対象とする設備・機器でどの機構が懸念されるかをスクリー
    ニングする方法および損傷機構ごとの解析、余寿命評価、防止策について述べる。
     安全・安心の重要性が高まる中で、設備・機器の設計、製造、品質管理、運転および保全に関わる
    技術者に向けて、基礎的知識の習得に役立てられる講義を目指します。

     ※定員に達し次第、申込を締め切らせて頂きます。お申込はお早めに。  
     ※問い合わせ先 03-5740-8755  
     ※よくあるお問合せ~Q&A~ http://www.johokiko.co.jp/qanda/

  • [2016.11.19]セミナー「金属材料の海外調達におけるトラブル対策」開催のお知らせ 

     来る1月29日(金)、標記セミナーが開催されます。講師は当社社長・木原重光です。多数の皆様のご聴講をお願い申し上げます。

  • [2016.11.19]《セミナー「機械・設備における破損原因と経年損傷の防止策」のご案内》 

     来る11月5日(木)、【東京】日本テクノセンター研修室において標記のセミナーが開催されます。講師は株式会社ベストマテリア社長・木原重光です。

    =講師の言葉=
     我が国では、老朽化した膨大な社会・産業資産としての構造物(設備、機器)の安全な保全が不可欠である。一方、国際競争の激化によるすべての製造業におけるコストダウン、生産活動のグローバル化(海外調達)の要求は高まるばかりである。これらに対して材料技術者の果たす役割は重要である。構造物の主構成材料である金属材料では、長い歴史の中で構造物の破損原因となる材料の損傷機構はほとんど解明され、予知予防技術も進歩してきた。
     本講義は、技術者の世代交代が進む中で、これからの材料技術者に、これまでにシニア技術者によって蓄積された知見、経験と研究成果への理解を深め、新しい問題に適切に対処するのに必要な各種手法を習得してもらうことを目的としている。

  • [2016.11.19]《当サイトをリニューアルしました》 

    当社が運営している材料技術情報サイト「MatGuide」をリニューアルしました。今回のリニューアルでは、トップページの更新、PMTC(Plant Management Technology Center、プラント管理技術センター)の開設が主です。
    現在、PMTCは特別会員のみに公開していますが、そこに含まれる「損傷機構解説集」及び「損傷事例データベース」は、それぞれCD版の「損傷機構解説集」及び「プラント材料損傷事例集」と同様の内容です。
    CD版の概要、購入方法は右カラムのカタログ集をご覧下さい。

ページトップへ